年間事業

トップページ>年間事業>2020年度事業

2020年度事業

過去の年間事業一覧

1. 海洋に関連した学習会・視察会の開催

(1)会員向け湾岸・海洋体験ツアー
会員向け湾岸・海洋体験ツアー
日 時 2020年9月5日(土) 予備日12日(土)
会 場 東海大学海洋学部博物館、内海海岸、富士山羽衣マリーナ
対 象 友の会プレミア会員(無料会員) ~30名
(2)JAMSTEC横須賀本部 見学バスツアー
JAMSTEC横須賀本部 見学バスツアー ※見学施設開始時期未定の為、中止
日 時 2020年8月18日(火)
見学先 JAMSTEC横須賀本部 他
対 象 友の会プレミア会員(無料会員) 40名(20名)
(3)東海大学自然史博物館、久能山博物館との共催フィールドワーク
「チャレンジ静岡探検隊」久能山周辺での化石発掘(11月頃 (土・日))
場 所 久能山東照宮博物館及び久能山周辺
対 象 友の会プレミア会員(無料会員) 親子15名程度
(4)清水港周辺施設見学会 (コンテナターミナル、地元造船所、物流倉庫)
(5)駿河湾の海中映像に関するセミナーやイベント等の企画
(6)日の出マリンギャラリーでのオーシャンカフェの開催協力

2. 海洋調査船・研究船等の特別公開、体験乗船等見学会の開催

(1)東海大学「望星丸」の体験乗船・海洋セミナー
東海大学「望星丸」の体験乗船・海洋セミナー
日本財団:海と日本プロジェクト助成事業
日本財団 海と日本PROJECT
日 時 2020年11月7日(日) 8:30~16:00
場 所 望星丸での駿河湾沖の洋上
対 象 静岡市内小中学生及びその家族 50名
(2)「ちきゅう」生誕(就航) 15周年イベント (9月予定)
地球深部探査船「ちきゅう」15周年記念「特別公開」

3. 学生・子供向けの勉強会 (セミナー形式)の開催

(1) キッズセミナー①「海の生き物の子ども達の観察会」
キッズセミナー①「海の生き物の子ども達の観察会」
日本財団:海と日本プロジェクト助成事業
日本財団 海と日本PROJECT
日 時 2020年9月26日(土) 13:30~15:30
場 所 東海大学8号館 地下生物実験室
対 象 市内小学生(親子) 20組(家族含め50名程)
(2)キッズセミナー②「ビーチコーミング、ミズウオ解剖」
キッズセミナー②「ビーチコーミング、ミズウオ解剖」
日本財団:海と日本プロジェクト助成事業
日本財団 海と日本PROJECT
日 時 2020年9月13日(日) 13:30~16:00
場 所 東海大学海洋科学博物館、三保海岸
対 象 市内小学生 25組(50名程)
(3)キッズセミナー③「川と海を繋ぐ生き物たち」~川で遊び海を考える~
キッズセミナー③「川と海を繋ぐ生き物たち」~川で遊び海を考える~
日本財団:海と日本プロジェクト助成事業
日本財団 海と日本PROJECT
日 時 2020年10月4日(日) 10:00~15:00
場 所 興津川周辺
対 象 市内小学生(親子) 15組(30名程)

4. 海洋の未来に関わる企業・団体向けの講演会の開催

(1)静岡市海洋産業クラスター関連の講演会の共催等開催協力
(2)海を活用した協力機関等の講演会等への協力
  1. 海洋教育フォーラム2020の共催
    (主催:東海大学海洋学部、日本船舶海洋工学会海洋教育推進委員会)

5. 会員の拡大活動.(会員募集)、広報活動、展示会への出展協力

(1)無料会員制度の導入とプレミア会員へのサービス(特典)の充実
  1. プレミア(有料)会員 会費:個人2千円~ 親子3千円~
  2. 無料会員(新規導入)
(2)広報事業を活用した啓発活動、会員募集
  1. HPの最新情報掲載、更新管理
  2. FMしみず等地方FM放送の活用
  3. 地域ミニコミ誌等への活用(定期掲載)
  4. 新聞等報道機関への積極的なプレスリリース
(3)子供会員向けのノベリティグッズの(作製)配布
(4)会員向け情報機関紙(海洋地球情報誌)の定期発刊
(5)静岡県清水海洋展への出展協力

6. 交流事業

(1)他地域との交流
  1. 1. 甲府市民 (青少年)向け湾岸・海洋体験ツアー
甲府市民 (青少年)向け湾岸・海洋体験ツアー
日本財団:海と日本プロジェクト助成事業
日本財団 海と日本PROJECT
日 時 2020年9月5日(土) 予備日12日(土)
場 所 東海大学海洋学部博物館、内海海岸、富士山羽衣マリーナ
対 象 甲府市内小中学生とその家族 20組(40名程)
  1. 2. 他団体主催の清水港海洋イベントの会員への紹介等の協力
  2. 3. 同様な事業を展開している他地域との交流
(2)関係機関との交流
  1. JAMSTEC幹部や清水港入港研究船への訪船・船員幹部との交流
  2. ちきゅう生誕15周年特別公開 スタッフ・関係者との交流

7. 会議の開催

(1)総会の開催…本年度は書面決議
(2)幹事会の開催
(3)企画検討会議の開催(随時)